ブックタイトル京都最古の禅寺 建仁寺 -The Oldest Zen Temple in Kyoto Kennin-ji -

ページ
3/12

このページは 京都最古の禅寺 建仁寺 -The Oldest Zen Temple in Kyoto Kennin-ji - の電子ブックに掲載されている3ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

寺紋:「二引の桐文」 禅の心と茶の徳を伝える 開山栄西禅師 -  開山の栄西という名の読み方は、寺伝では「ようさい」といいますが、一般には「えいさい」と読まれています。字は明庵(みんなん)、号は千光(せんこう)葉上(ようじょう)。栄西禅師は永治元年(1141)、備中(岡山県)吉備津宮の社家、賀陽(かや)氏の子として生まれました。14才で落髪、比叡山で天台密教を修め、その後二度の入宋を果たし、日本に禅を伝えました。また、中国から茶種を持ち帰って、日本で栽培することを奨励し、喫茶の法を普及した「茶祖」としても知られています。 Yousai - Yousai, the founder of Kennin-ji, was ordained at age fourteen and entered the major monastic center on Mt. Hiei to study under the Tendai tradition. He made the voyage to China twice during his lifetime, the first time to pursue Tendai studies and the second time with an intention to reach India. His voyage to India was unrealized because of unstable conditions in Central Asia at the time; however, he was able to come into contact with the Zen sect, which was at its height in China. The Zen Priest Yousai brought tea seeds back from China, and popularized the practice of drinking green tea. He is recognized as the founder of the tea ceremony because of his efforts to encourage the cultivation and consumption of tea. (写真:栄西禅師 頂相)

寺紋:「二引の桐文」禅の心と茶の徳を伝える開山栄西禅師-開山の栄西という名の読み方は、寺伝では「ようさい」といいますが、一般には「えいさい」と読まれています。字は明庵(みんなん)、号は千光(せんこう)葉上(ようじょう)。栄西禅師は永治元年(1141)、備中(岡山県)吉備津宮の社家、賀陽(かや)氏の子として生まれました。14才で落髪、比叡山で天台密教を修め、その後二度の入宋を果たし、日本に禅を伝えました。また、中国から茶種を持ち帰って、日本で栽培することを奨励し、喫茶の法を普及した「茶祖」としても知られています。(写真:栄西禅師頂相)