ブックタイトル京都最古の禅寺 建仁寺 -The Oldest Zen Temple in Kyoto Kennin-ji -

ページ
5/12

このページは 京都最古の禅寺 建仁寺 -The Oldest Zen Temple in Kyoto Kennin-ji - の電子ブックに掲載されている5ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

[国宝] 風神雷神図屏風 (*通常は高精細デジタル複製を展示) - 本図には落款も印章もありませんが、俵屋宗達の真作として、しかも晩年の最高傑作とされています。二曲一双の屏風全面に金箔を押し、右隻に風神、左隻に雷神を描いています。 The Wind and Thunder Gods : Tawaraya Sotatsu (Edo period) - (Refer to the numbers displayed on the explanatory signboards) This distinctive mark of Kennin-ji ? the images of the wind and thunder gods ? is often considered the quintessence of Sotatsu’s work. ○△□乃庭 - 単純な三つの図形は宇宙の根源的形態を示し、禅宗の四大思想(地水火風)を、地(□)水(○)火(△)で象徴したものとも言われる。 ○△□Garden - A square garden fronted by the priests’ living quarters, abbot’s quarters, and reception room. Its design is based on the famous ○△□ calligraphic work by Sengai Gibon. Sengai was abbot of Shofukuji temple, Japan’s oldest Zen temple founded by Eisai Zenji who also founded Kenninji. The idea behind the “circle, triangle, square” is that all things in this universe are represented by these forms.

[国宝]風神雷神図屏風(*通常は高精細デジタル複製を展示)-本図には落款も印章もありませんが、俵屋宗達の真作として、しかも晩年の最高傑作とされています。二曲一双の屏風全面に金箔を押し、右隻に風神、左隻に雷神を描いています。○△□乃庭-単純な三つの図形は宇宙の根源的形態を示し、禅宗の四大思想(地水火風)を、地(□)水(○)火(△)で象徴したものとも言われる