ブックタイトル京都最古の禅寺 建仁寺 -The Oldest Zen Temple in Kyoto Kennin-ji -

ページ
6/12

このページは 京都最古の禅寺 建仁寺 -The Oldest Zen Temple in Kyoto Kennin-ji - の電子ブックに掲載されている6ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

写真:法堂天井画 小泉淳作筆 「双龍図」 法堂(はっとう) - 明和二年(1765)上棟。仏殿兼用の「拈華堂(ねんげどう)」。五間四間・一重・裳階付の堂々とした禅宗様仏殿建築。正面須弥壇には本尊釈迦如来座像と脇侍迦葉尊者・阿難尊者が祀られています。また、その天井には平成十四年(2002)創建800年を記念して「小泉淳作画伯」筆の双龍が描かれました。 Hatt? (Dharma Hall) - Built in 1765 (2nd year of Meiwa Era). The “Nenge-d?” hall is also used as the main hall of the Zen temple. This impressive Zensh?-style Zen Buddhist temple is comprised of 5 bays x 4 bays separated by single walls, and with a pent roof. The front-facing altar enshrines a seated image of Shakyamuni Tathagata and attendant statues of the Buddhist priests Mahakasyapa and Ananda. Twin Dragons Koizumi Junsaku - This painting commemorates the 800-year anniversary of Kennin-ji's founding, and a ceremony to mark its installation was given in April of 2002. It measures 11.4m by 15.7m (the size of 108 tatami mats) and is drawn with the finest quality ink on thick traditional Japanese paper. It was created in the gymnasium of an elementary school in Hokkaido and took the artist just under two years to complete. 写真:法堂

写真:法堂天井画小泉淳作筆「双龍図」法堂(はっとう)-明和二年(1765)上棟。仏殿兼用の「拈華堂(ねんげどう)」。五間四間・一重・裳階付の堂々とした禅宗様仏殿建築。正面須弥壇には本尊釈迦如来座像と脇侍迦葉尊者・阿難尊者が祀られています。また、その天井には平成十四年(2002)創建800年を記念して「小泉淳作画伯」筆の双龍が描かれました。写真:法堂