ブックタイトル京都最古の禅寺 建仁寺 -The Oldest Zen Temple in Kyoto Kennin-ji -

ページ
8/12

このページは 京都最古の禅寺 建仁寺 -The Oldest Zen Temple in Kyoto Kennin-ji - の電子ブックに掲載されている8ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

写真: 方丈 方丈(ほうじょう)[重要文化財] 大雄苑(だいおうえん) - 慶長四年(1599)恵瓊が安芸の安国寺から移建したもので、銅板葺の屋根は、開山栄西禅師八百年大遠諱を機に、建立時の 葺に戻されました。本尊は東福門院寄進の十一面観音菩薩像。白砂に緑苔と巨岩を配した「大雄苑」と称される枯山水の前庭は、大らかな味わいがあります。 H?j? / Daiouen - The garden in front of the h?j?, with its placement of large rocks and green moss on white gravel, is a style of garden known as the "dry landscape garden" (kare sansui), which is often found in Zen temples. 茶席「東陽坊」(とうようぼう) - 草庵式二帖台目席。天正十五年(1587)に豊臣秀吉が催した北野大茶会で、利休の高弟・真如堂東陽坊長盛が担当した副席と伝えられています。二帖台目席で最も規範的な茶室とされ、茶室の西側には当寺の名物「建仁寺垣」が設けられています。 The T?y?-b? Teahouse - Souan type tea room with two short maru tatami mats. This teahouse is said to have been used as a secondary tea room for the Kitano Tea Gathering held by Hideyoshi Toyotomi in 1587, under the direction of Shinnyodo Toyobo Chosei, a leading disciple of Sen no Rikyu. It is considered the most exemplary of the two mat tea rooms. The Kenninji Bamboo Fence, one of the most notable features of Kenninji Temple, can be found on the west side of the tea house. 写真:茶室 「東陽坊」

写真:方丈方丈(ほうじょう)[重要文化財]大雄苑(だいおうえん)-慶長四年(1599)恵瓊が安芸の安国寺から移建したもので、銅板葺の屋根は、開山栄西禅師八百年大遠諱を機に、建立時の葺に戻されました。本尊は東福門院寄進の十一面観音菩薩像。白砂に緑苔と巨岩を配した「大雄苑」と称される枯山水の前庭は、大らかな味わいがあります。茶席「東陽坊」(とうようぼう)-草庵式二帖台目席。天正十五年(1587)に豊臣秀吉が催した北野大茶会で、利休の高弟・真如堂東陽坊長盛が担当した副席と伝えられています。二帖台目席で最も規範的な茶室とされ、茶室の西側には当寺の名物「建仁寺垣」が設けられています写真:茶室「東陽坊」