茶祖

開山千光祖師明庵栄西(みんなんようさい)禅師。永治元年(1141年)4月20日、備中(岡山県)吉備津宮の社家、賀陽(かや)氏の子として誕生しました。
11歳で地元安養寺の静心(じょうしん)和尚に師事し、13歳で比叡山延暦寺に登り翌年得度、天台・密教を修学します。 そののち、宋での禅宗の盛んなることを知り、28歳と47歳に二度の渡宋を果たします。
2回目の入宋においてはインドへの巡蹟を目指すも果たせず、天台山に登り、万年寺の住持虚庵懐敞(きあんえじょう)のもとで臨済宗黄龍派の禅を5年に亘り修行、その法を受け継いで建久2年(1191)に帰国しました。

都での禅の布教は困難を極めたが、建久6年(1195年)博多の聖福寺(しょうふくじ)を開き、「興禅護国論(こうぜんごこくろん)」を著すなどしてその教えの正統を説きました。
また、鎌倉に出向き将軍源頼家の庇護のもと正治2年(1200年)寿福寺が建立、住持に請ぜられます。

その2年後、建仁寺の創建により師の大願が果たされることになりました。
その後、建保3年(1215年)7月5日、75歳、建仁寺で示寂。護国院にその塔所があります。
また師は在宋中、茶を喫しその効用と作法を研究、茶種を持ち帰り栽培し、「喫茶養生記(きっさようじょうき)」を著すなどして普及と奨励に勤め、日本の茶祖としても尊崇されています。

開山 栄西禅師八百年大遠諱 東京国立博物館 特別展「栄西と建仁寺」

栄西禅師略年譜

1141年   1歳 4月20日備中に生まれる。
1148年   8歳 出家を志す。
1151年 11歳 安養寺・静心和尚に師事。
1153年 13歳 秋、叡山に登る。 
1154年 14歳 落髪して栄西と称す。
1157年 17歳 静心没す。法兄千命に従う。
1159年 19歳 叡山有弁に従い台教を学ぶ。
1163年 23歳 叡山を下る。
1167年 27歳 大山寺基好から密乗を受く。
1168年 28歳 阿蘇山にて入宋渡海を祈願。
4月入宋、9月帰朝。
座主明雲に天台章疏を呈す
1169年 29歳 備中に清和寺を建立
1175年 35歳 今津誓願寺創建縁起を起草
1187年 47歳 再入宋・虚庵懐敞に参ず
1191年 51歳 虚庵懐敞から印可 7月平戸葦浦に帰着
1192年 52歳 筑前香椎に建久報恩寺建立
初めて布薩式を行う
上京して禅宗を唱う
1195年 55歳 聖福寺創建 開山となる
1198年 58歳 興禅護国論を撰す
1200年 60歳 鎌倉・寿福寺 住持となる
1202年 62歳 建仁寺創建 開山となる。
台・密・禅の三宗併置
1204年 64歳 建仁寺僧堂造営
日本仏法中興願文を草す
1206年 66歳 東大寺勧進職に任ぜられる
1207年 67歳 明慧、師に参請す
1211年 71歳 喫茶養生記を撰す
1214年 74歳 道元、栄西に相見す
1215年 75歳 7月5日 建仁寺に寂す