境内のご案内

臨済宗建仁寺派の大本山。開山は栄西禅師。開基は源頼家。鎌倉時代の建仁二年(1202)の開創で、寺名は当時の年号から名づけられています。山号は東山(とうざん)。諸堂は中国の百丈山を模して建立されました。創建当時は天台・密教・禅の三宗兼学でしたが、第十一世蘭渓道隆の時から純粋な臨済禅の道場となりました。八百年の時を経て、今も禅の道場として広く人々の心のよりどころとなっています。

参拝時のご注意点

当寺では、ご来寺いただく他の方々にご迷惑がかからないよう、特に下記の行動につきましては厳禁とさせていただきます。皆様、節度ある行動を心掛けてご参拝くださいますようお願い致します。

塔頭寺院のご案内